翔寿苑は、お年寄りの家庭復帰のため、親身になってお手伝いしています。

医療法人 眞幸会 介護老人保健施設 翔寿苑

HOME

 

施設のご案内

施設のご利用料金

施設の特徴

トピックス

関連施設

HOME»  委員会活動報告

委員会活動報告

災害対策委員会

委員会の目的

万一の火災や地震などの災害に備えて、消火・避難訓練を行ったり、設備や備品の管理を行っています。

※平成29年度消防訓練は、平成29年7月5日(水)に実施予定です。

平成29年6月7日(水)に、翔寿苑初の「第1回水害訓練」を行いました。
 



13時30分 草加市全域に浸水警報発令を想定し、
避難訓練を行いました。

栄養管理委員会
 

委員会の目的


①食の安全や楽しみを広げます。
②食事サービスの質的向上を心がけています。
③栄養状態の維持・改善に努めます。

 

 

事故防止委員会
 

委員会の目的

当施設では、「人間としての尊厳を冒し、安全や安心を阻害しており、提供するサービス
の質に悪い影響を与えるもの」をリスクとして捉え、より質の高いサービスを提供する
ことを目標に、介護事故の防止に努めます。そのために、必要な体制を整備するととも
に、利用者一人ひとりに着目した個別的なサービス提供を徹底し、組織全体で介護事故
の防止に取り組みます。

 

感染症対策委員会


委員会の目的

1.感染対策に関する基本的な考え方
  当施設の感染対策は、利用者様やご家族はもとより、施設に関わる全ての人たち感染
から守るために「標準予防策」を基本とした対策と、感染経路に応じた予防対策を実施
します。また、内外の感染情報を収集し、感染の危険性及び発生に迅速に対応します。
感染が発生した事例には、速やかに予防策を行い、改善に努めます。
 
Ⅱ.感染対策に関する取組事項
1.感染対策組織に関する事項
  感染対策に関する問題点を把握し、改善策を講じるなど感染対策活動の中枢的な役割
  を担うために、「感染防止対策委員会」を設置しています。委員会は月1回を基本とし
  て開催します。
2.感染対策に関する職員研修に関する事項
  全職員を対象とした感染対策に関する研修会・講習会を開催しています。また、各部
署に感染対策マニュアルを配備し、感染防止のための基本的な考え方や具体的な方法
について全職員への周知を行っています。
3.感染発生時の対応に関する事項
  感染が疑われる事項が発生した場合には、疫学的調査を行い、感染拡大を防止します。
随時、状況を施設管理者へ報告し、必要に応じて感染防止対策委員会を収集します。
また、報告が義務付けられている感染症が特定された場合、届出は基準に沿って速や
かに保健所に報告し、地域の医療機関や保健所と速やかに連携し、対応します。
4.その他、感染対策の推進のために必要な基本方針
  感染防止対策の推進のため「感染防止対策マニュアル」を作成し、全職員への周知徹
底を図るとともに、マニュアルの見直し、改訂を行います。

安全衛生委員会

委員会の目的
 

職員の健康の管理と、労働災害を起こさない為、整理・整頓、清掃、清潔の「4S活動」や、
危険個所の改善、啓蒙活動、職員の腰痛予防、メンタルヘルスケアなどの
内部研修等を行っています。
 

防犯委員会

委員会の目的
 

●利用者さんや職員の安全を守るために、防犯カメラや“さすまた”を準備したり、警察からの防犯の指導を受けて、防犯意識を高めています。

身体拘束廃止委員会

委員会の目的
 

身体拘束廃止委員会は、身体拘束(本人の意に添わず体を抑制する行為)を

廃止・予防する委員会です。

仮に、他に方法がなく緊急やむを得ず身体拘束が必要になった際も、

それが適切で、短時間で、済むように対策を講じます。

合わせて、施設内全職員に適切な知識と方法を伝達する事を目的としています。

広報委員会

委員会の目的

日々の生活の様子を、HP・しょうじゅえん号を通して、
ご家族・一般の方々に紹介していきます。
新たな情報を発信していきます。

苦情対応委員会

委員会の目的
 

●苦情を把握して原因を探り改善を図ります。

●利用者満足、職員満足のできる職場を目指します。

褥瘡対策委員会

委員会の目的
 

●委員会活動や研修報告を通して「褥瘡」というものを知ってもらい、
 「褥瘡ゼロ」に向けて治癒に努めます。